@不妊治療中

自己流→通院タイミング法→人工授精→体外受精(採卵2回・胚移植5回)。 胚移植は、陰性→化学流産→8w完全流産→陰性→陽性・不妊治療クリニック卒業。不妊治療に関するニュース記事を集めたり、治療メモや治療グッズについて、ブログに書いてます。

@不妊治療中 イメージ画像

ことさんの治療メモ

こと@不妊治療中@koto_living00クリニックなうです。保険証探しながら「診察は久々だなー」って思ってスケジュール帳見たら約一ヶ月ぶりの通院でした。月に数回は受診するのが続いてたから、月に一度の診察でも間が空いたように感じてしまった(・ε・;)慣れって恐ろしい…20
『不育症検査(クイック版)を受けてみました。』の画像

こんにちは。ことです。2回目の採卵→凍結胚盤胞移植→陽性判定から続けてきた、この「判定後はなし」シリーズ。今回でラストになりますー。こと@不妊治療中@koto_living00クリニックなうです。保険証探しながら「診察は久々だなー」って思ってスケジュール帳見たら約一ヶ月
『流産→生理後の診察(判定後のはなし完結!) / 判定後のはなし』の画像

こんにちは、ことです。最近、ブログをお休みしていた間に見つけた不妊治療記事が貯まっていたので、不妊治療記事アーカイブの投稿が続いていましたが、たまには近況も書きたいなと思います。だいぶ落ち着いてきました最近は、バレンタインにかこつけて、お菓子作って遊んだ
『流産診断から1か月少しの近況とこれからのこと / 判定後のはなし』の画像

流産判定後からの年始の大出血。大出血後は、クリニックに2回診察に行っていました。1回目は、1/10の受診。この日は、「子宮も綺麗になっていて、追加の処置はいらないですね。」と判断いただいて、「大出血も多分ないんじゃないかな」とのこと。2週間後にもう一度診察になり
『突然の大出血!にびっくりしたはなし / 判定後のはなし』の画像

*この記事は、「判定後から流産診断までのこと / 判定後のはなし」の続編記事となります。12月27日という年の瀬に流産診断を受けた私。大きさも小さかったので、手術などの処置はせずに、自然に出て行くのを待つことに。妊娠判定を受けていたところから、主人の実家への帰省
『流産診断から起こったこと / 判定後のはなし』の画像

「8w0dで流産の診断を受けました。」の記事でお知らせさせていただきましたが、流産という結果になりました。凍結胚盤胞胚移植での妊娠判定→流産という流れだったのですが、今回はその「経緯」を書いていきたいと思います。今まで書いてきた記事へのリンクも貼ってあります
『判定後から流産診断までのこと / 判定後のはなし』の画像

体外受精(IVF)の凍結胚盤胞移植について、Twitterでのつぶやきをもとにまとめたシリーズです。アンタゴニスト法で採卵、育った胚盤胞を凍結、そのうち一つを移植しました。今回移植した胚盤胞の採卵(周期)については、ことさんの治療メモ⑩2回目の採卵(アンタゴニスト法
『ことさんの治療メモ 3回目の胚移植日記(凍結胚盤胞胚移植)シリーズ』の画像

判定日から1週間後の診察日のはなしです。 こと@不妊治療中@koto_living00本日クリニックでした。エコーで見えた姿が小さすぎて、尿検査で反応あるか確認するほどだったので、まだまだ気が抜けないのですが、週数を教えてもらいました。前回の胚移植のこともあって、診察の
『判定日から1週間後の診察日 / 判定後のはなし』の画像

初めての採卵と移植、化学流産のあと、タイミング法に戻し少し休んで、2回目の体外受精にチャレンジしています。 体外受精は、大きく分けて採卵→移植の2ステップ。 前回採卵したものは全て移植してしまったので、また採卵周期から始まりました。 前回はクロミッド法で採
『ことさんの治療メモ⑩2回目の採卵(アンタゴニスト法日記 シリーズ)』の画像

私自身の治療について振り返りも兼ねて書いていることさんの治療メモシリーズ。 今回の記事が初めての採卵と移植、化学流産については最後になります。これまでの記事をご覧になっていない方は、ぜひ合わせてご覧ください。>>ことさんの治療メモ⑥初めての採卵と移植、化学流
『ことさんの治療メモ⑨初めての採卵と移植、化学流産4』の画像

↑このページのトップヘ