isyoku3_02
この記事は、D20からD22までのことをTwitter見ながらD23にまとめて書いています。

この日は久しぶりの注射でした。
前回の凍結胚盤胞胚移植の時にも打った注射だったのですが、すっかり記憶になく。
「どこに打つんだっけ?痛いのかなー?」とドキドキしながらクリニックへ。

結論から言うと、腕かお尻に打つ注射でした。
採卵の時にもあった場所ですね。(注射の中身は別物です)

「腕のほうが動かすので、お尻に打つよりも痛くなる」というのを信じている人なので、今回もお尻に打ってもらうことにしました。

打った後は3分くらい、打ったところを揉むようで。
揉まないとしこりが出来たり、痒くなるそうなので、お会計待ちのあいだ、必死に揉んでました 笑

ただ、必死の揉みもむなしく、夜には少しぽこっとしたような、ちょっとしみるような違和感が...!
けれども、次の日に起きたら消えていました。

あとは注射の値段が安いことにびっくり!
いや、特に安いことはないのですが、採卵の時の注射代が高くて高くて...(;´Д`)
とにかく、一安心した注射でした。

胸の張りは、生理前みたいな感じですね。
動くだけで痛い!とか激痛が!!という感じではないです。
採卵前に比べたら、とてもまったりな感じで過ごせてました。

私の通うクリニックでは、凍結胚盤胞移植の時の持ち物はナプキンのみ。
ガウンに着替えたりするのですが、そちらはクリニックで用意してあるものを使います。

凍結胚盤胞移植当日分は、ツイートを連投していたものがあるので、次の記事でツイートに補足したもので書こうと思います。

このあとの「3回目の胚移植日記(凍結胚盤胞胚移植)シリーズ」はタイトル表記が少し変わるので、ご注意ください。
今までは「D+数字表記」から始まるタイトルでしたが、この次の記事からは「BT+数字表記」から始まるタイトルになります。

「BTってなんのこっちゃ?」って方は、ぜひこちら↓の記事もご覧くださいー。
>>BTとかETってなに?胚移植後の数えかた / 3回目の胚移植日記(凍結胚盤胞胚移植)番外編

ではー。

3回目の胚移植日記(凍結胚盤胞胚移植)シリーズ 他の記事はこちらから↓
isyoku3_02

関連記事
特定不妊治療助成金のはなし

ことさんの治療メモ⑦初めての採卵と移植、化学流産2

IVF(体外受精)・アンタゴニスト法日記シリーズの記事一覧

\ランキングに参加していますー!!/
この記事が良ければ、ぜひぜひバナーをクリックお願いします。
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ
にほんブログ村 ブログランキングへ


赤ちゃん待ち ブログランキングへ

\Twitterやってます!/
@koto_living
https://twitter.com/koto_living

\LINEで更新通知が受け取れます/